芸能プロダクション

渡部絵美(業務提携)

渡部絵美

渡部絵美

1959年 8月27日生まれ

1961年 長野県軽井沢のスケートセンターで初めてスケート靴を履く
       小学校3年の時、本格的にスケート選手を目指す

1969年 スケート留学の為、渡米
       姉も指導を受けたフェリックス・キャスパー氏のもとで練習を積む

1972年 12歳で日本のスケート界デビュー
       全日本ジュニア 全日本フリー 全日本選手権に初出場で優勝
       1972年~79年まで全日本フィギュアスケート選手権で史上初の8連覇
*札幌オリンピックでジャネット・リンさんの演技と、転倒しても笑顔で滑り続けた事に感動し、彼女のようなオリンピック選手を目指す

1976年 インスブルック冬季オリンピック 13位

1979年 ウィーン世界選手権 3位
*日本人初のメダルを獲得 

1980年 レイクプラシッド冬季オリンピック 6位入賞
*6月23日 引退 プロに転向

1994年 リレハンメルオリンピックでは読売新聞のコラム“オーロラからの日記”を連載

1998年 長野冬季オリンピックでは平和大使(オリンピックアンバサダー)に選ばれ、様々な活動を通してオリンピックの成功へ貢献した

1999年 新宿コマ劇場にて、初舞台を踏む

2000年 『40歳から美しくなるためのダイエット』を幻冬社より出版

ドトールコーヒーショップにある、同社情報誌『ドトールコミュニティー』に連載ページを持つ

2003年 東京ディズニーシーのイベント『クリスマスホリデー・イン・ニューヨーク』のアイススケートショーのプロデュースを担当する(2005年までの3シーズン)

2006年 『愛するスケートに何が起こったのか』をデジほんより出版
      
全日空主催「FLY ANA渡部絵美スケート教室」をはじめとしたスケート教室を各地で開催

2007年 2月、「大分スケート教室」にて講師として子供たちに指導

現在  情報番組出演、地方自治体や企業からの講演、出演等により全国各地を回っている。また、『渡部絵美チャリティーゴルフコンペ』を開催し、財団法人報知社会福祉事業団への寄付を毎年続けている。

『スケートを始める第一歩のきっかけになってくれたら』という思いから、文部科学省後援の「アマチュア交流全国スケート体験教室」を全国各地で開催。アイススケートの普及展開することを目指してている。

PAGETOP
Copyright © トゥフロント All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.